個人的なテレビについての思い出

テレビは家族の大切な宝物

個人的なテレビについての思い出 私はテレビが大好きです。これがない生活は考えられません。朝から晩まで、時間があるときは欠かさず見ています。起きてからすぐにスィッチを入れ、朝の情報番組を見ながら朝食の支度をします。昼にもまた電源を入れて、ニュースやドラマを見ながら昼食を食べます。そして夕方以降もずっとつけて、番組を楽しみます。

今ではこんなに大好きな私ですが、結婚する前はあまり見ませんでした。仕事で忙しくて見る時間がなかったということも理由ですが、その他、映像ばかり見ていると頭が衰えるという思い込みのためでもあります。特にバラエティーなどは、ただおもしろいだけでナンセンスだと、勝手に決め付けていました。

しかし結婚して子どもが生まれてからは、考え方が変わりました。テレビを囲んで家族でくつろげるなんて最高だと思うようになったのです。同時に、以前は無意味だと思っていたバラエティー番組も、家族を笑顔にしてくれる貴重な存在だと感じるようになりました。今では、幸せなひと時をもたらしてくれるテレビは、私達家族の大切な宝物になっています。

注目情報

Copyright (C)2022個人的なテレビについての思い出.All rights reserved.