個人的なテレビについての思い出

テレビが万人に受け入れられる訳

個人的なテレビについての思い出 最近は、テレビの視聴率が落ちていると言われる。携帯電話やタブレット端末の影響であると言われているが、それでも新たな家電はテレビの牙城を崩すまでには到っていない。パソコンを持たない家庭はあってもテレビを持たない家庭はまずないのである。パソコンは、元々仕事の道具である。つまり文房具なのである。文房具でニュースを見たり、ゲームをしたりしているのだ。通勤や出張、そしてレジャーにも利用できる新幹線のようなものである。

一方、テレビで仕事をしている人は、番組を作る人と、テレビを売っている人くらいであろう。テレビを見る事が仕事である、という人はまずいない。テレビはあくまでも娯楽の道具なのである。この点がテレビの潔さである。スイッチをつければすぐに、番組が放映される。気に入らなければチャンネルを変えるか、スイッチを切ってしまえばいい。おまけにパソコンのようにバージョンアップやOSがどうのこうのという、小難しい事も言わない優れものである。

注目情報

Copyright (C)2022個人的なテレビについての思い出.All rights reserved.